年齢条件特約は車を運転する人の最低年齢によって補償するもの

自動車保険に加入している方の中には、「もう少し、保険料を下げることは出来ないだろうか?」と思っている方もいると思います。

車を所有するということは、それだけ維持費もかかることになりますから、「保険料が高い」と感じている方もいるでしょう。

特に最近増えている軽自動車のユーザーにとっては、自賠責の値上がり、自動車税の値上がりなどが続いていて、せめて色々選べる軽の任意保険だけは何とかしたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、自動車保険には、様々な特約やサービスがあるため、こういったものを上手に活用することで、保険料を抑えることが出来ます。

自動車保険の特約のひとつ、年齢条件特約もそのような特約の一つであり、これを正しく利用すればかなりの保険料節約になります。

年齢条件特約というのは、簡単に言うと、車を運転する人の最低年齢を限定することによって、保険料の割引が受けられるというものです。

基本的には、4段階の分かれている場合が多く、それぞれの年齢条件によって割引を受けることが出来ます。

自動車保険では年齢が若ければ若いほど保険料が高くなる仕組みになっていますが、、それは若い人の方が運転歴が浅いため、事故を起こしてしまう確率が高くなるためです。

このような若い人が運転する人の中にいない場合、「35歳以上補償」などの年齢条件を設定することにより若い人の事故の補償を除外し、その結果保険料を割安にできるというわけです。

年齢条件は、全ての年齢が対象となる全年齢担保というものもありますが、21歳以上に補償を限定する21歳未満不担保、26歳以上に補償を限定する26歳未満不担保、30歳以上に限定する30歳未満不担保、35歳以上を限定する35歳未満不担保というように段階が分けられています。

ご家族で同じ車を利用する場合には、こういった年齢制限を利用することで、保険料を抑えることが出来ます。

車は自分しか運転しないという方の場合でも、自分の年齢に応じてこういった特約を利用することで保険料が抑えられます。

逆に、このような年齢の節目を過ぎたのに気が付かずに放って置くと、知らないうちにかなりの損をしてしまうことになります。

車を運転する一番若い人が、21歳とか26歳、また36歳の誕生日を迎えたなら、忘れずに自動車保険の年齢条件の見直しを行うようにしましょう。

このページの先頭へ