ゴールド免許だと保険料の割引が適用される

車を運転している方は、当然免許証をお持ちだと思います。

定期的に、しっかりと更新の手続きも行っているでしょう。

手続きの際には、「次は、ゴールドカードになる」と楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

自動車保険というのは、事故率が少ない方は保険料が安くなるというシステムとなっています。

そのため、ゴールドカードの方の場合には保険料の割引を受けることも出来る場合が多くなっています。

この自動車保険のゴールド免許割引について紹介してみましょう。

ゴールド免許ということは、無事故、無違反で過ごしてきているということの証です。

そのため、自動車保険会社では「この人は、事故を起こす確率は低いだろう」と判断し、割引を受けることができるのです。

しかし、このゴールド免許割引は、契約者本人がゴールド免許を所有していることが必要となります。

ということは、ご家族で車を利用している場合には、ゴールド免許を所有している方が記名被保険者となる必要があるということになります。

「ゴールド免許を所有し、ゴールド免許割引を受けている人が、事故などを起こしてしまった場合にはどうなるの?」と思われる方もいると思いますが、その際には次の免許更新の時にブルー免許に戻り、自動車保険の更新のときに申告をすることによって通常の保険料に戻ってしまうことになります。

このように、自動車保険はゴールド免許割引といった割引もありますので該当する方は割引がきちんと適用されているのかを確認してみてください。

無事故、無違反を続けてゴールド免許を取得すると様々なメリットが出てきますが、自動車保険でもこのような特典を受けることができるのです。

まだブルー免許の方はぜひゴールド免許を目指してみてください。

ところで、ブルー免許の方にとって救いとなるような自動車保険はないものでしょうか。

それが実はあるのです。

具体的には、免許の色の違いによって保険料に差が出てこないしくみの自動車保険です。

三井ダイレクトの自動車保険がそうなのですが、ゴールド免許の割引を行っていないため、その分ブルー免許の人のメリットが他社に比べて出て来るというものです。

三井ダイレクトは、このように他社では優遇されないブルー免許の人をターゲットにし、その自動車保険料の相場を下げることによって差別化を図っているのでしょう。

このページの先頭へ