2台目の車が自動車保険に新規加入する時は割引がある

車を所有している方の中には、「仕事用の車と、プライベート用の車を分けている」という方もいると思います。

「仕事では、荷物を運ぶことが多いから、大きな車が必要だけど、プライベートでは小回りの利く車が便利」と感じている方もいるでしょう。

また、「車が趣味で、2台の車を所有している」という方もいると思います。

そんな方は、セカンドカー割引を利用していますか。

自動車保険の割引サービスのひとつにセカンドカー割引というのがあります。

セカンドカー割引は、2台目の車が自動車保険に新規加入する際に適用となる割引サービスです。

通常、自動車保険に加入する際には、ノンフリート等級が適用されることになり、6等級の状態で加入することになりますが、セカンドカー割引の場合には、2台目以降の車に関しては、7等級から保険加入が可能となります。

自動車保険の保険料は、この等級によって変わってきますから、2台目からお得な等級で加入することが出来れば、保険料も安く抑えることが出来るというわけです。

しかし、セカンドカー割引の適用となるのは、車種や1台目の等級などに条件がありますので注意しなければいけません。

具体的には、2台目の車が自家用普通乗用車や自家用小型乗用車であること、1台目の車の等級が11等級以上になっていることなどの条件がありますので、事前に自分が所有している車がこれらの適用車両となっているのかを確認することが必要になります。

これ以外の車両の場合には適用となりませんので注意してください。

また、SBI損保などのように、一部の保険会社ではセカンドカー割引を行っていない場合もありますので、事前に保険会社に確認してみればいいでしょう。

このように、車を2代以上所有している方の場合には、2台目以降の車に関してはセカンドカー割引を受けることが可能です。

セカンドカー割引による保険料の違いはどの程度になるのかを見てみましょう。

通常は6等級(割引率 19%)からのスタートが7等級(割引率 30%)からになりますので、保険料割引率の差は11%ということになり、これが保険料に反映されます。

例えばセカンドカー割引無しで5万円前後の保険料の場合であれば、その差額は5千円程度ということになります。

これは保険料の相場からみて結構大きな差額になると思いますので、該当する場合は見落とさないようにしましょう。

このページの先頭へ