保険会社によって年間走行距離による割引を受けることもある

車をお持ちの方も多いと思いますが、当然ながら人によってそれぞれ車の使用用途が異なると思います。

「毎日、通勤や通学に使用している」という方もいれば、「買い物の時くらいしか、車は使わない」という方もいるでしょう。

そのため、同じ様に車を所有していても、年間走行距離はかなり差が出てきます。

自動車保険には、この走行距離によって保険料の割引を受けることが出来るタイプのものもあります。

車の走行距離が短いということは、それだけ運転する時間、距離が短いということになりますから、事故を起こす確率も低いということになります。

逆に、走行距離が長い場合には、車を運転している時間も長いですから、事故を起こす確率も高くなるということになります。

そのため、自動車保険では、この走行距離の違いに応じて保険料を変えているタイプがあるのです。

ソニー損保のTVコマーシャルで「保険料は走る分だけ」というアピールを耳にしたことがあると思いますが、あれがまさに総距離による保険料割引のことです。

この割引がある自動車保険では、年間走行距離が5,000キロ未満の方であれば、2パーセントから3パーセントの割引を受けることが出来るようになっています。

でも、今年はどのくらい走るのか分からないという場合もあると思いますが、その際には更新の時に調整していくことになりますから、問題なく保険料割引を受けることが出来ます。

このように、自動車保険に加入する際には、保険会社によっては年間走行距離による割引を受けることも可能であることを知っておいたほ方がいいでしょう。

「あまり、車を乗る機会がない」という方の場合には、年間走行距離による割引を利用して、少しでも保険料負担を抑えるとお得です。

このページの先頭へ