自動車保険はライフスタイルにマッチしたものを選ぶ

自動車保険にこれから入ろうと考えている方、見直しを検討している方は、「自動車保険は、どのように加入すれば良いのだろう?」と思っている方もいると思います。

現在では、保険の自由化により、様々なタイプの保険会社がありますから、入り方もじっくりと検討してみた方がいいでしょう。

まず、自動車保険は、大きく分けると代理店型とダイレクト型(通販型)の二つの入り方があります。

「どう違うのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、ダイレクト型の場合には保険料が安いという特徴があります。

「ダイレクト」の名のとおり、代理店を介さずに電話やインターネットで保険会社と直接契約を行うタイプの自動車保険です。

代理店関係の経費など中間コストをスッパリ省略しているので、その分保険料が安くなっているのが最大の特徴です。

また、問い合わせや相談などは、メールや電話などでも行うことが出来、とても気軽に利用することが出来ます。

代理店型の場合には、店舗を選び担当者に相談しながら、自分にとって必要な保険を選んでいくことになります。

ダイレクト型と比べると、保険料は高くなりますが、その分手続きなどは代わりに担当者が行ってくれるものとなりますから、安心して手続きを任せることが出来るでしょう。

「どちらが良いのだろう?」と迷われる方も多いと思いますが、保険料の比較などをしていくと良いでしょう。

保険料を重視するのか、対応を重視するのかによっても、選び方が変わってきますからね。

このように、自動車保険に加入する際には、どういった方法で加入するかによっても変わってきますから、まず自分はどういった保険を選びたいのかを考え、選んでいくと良いでしょう。

このページの先頭へ