ソニー損保は年間走行距離による保険料設定が特徴

自動車保険の見直しをしているけれど、多くの保険会社があって、どこの保険会社が良いのか分からないと思っている方も多いと思います。

自動車保険を扱う保険会社が20社以上もあって検討するのが面倒になり、「今まで通りの内容で、そのまま更新しよう」と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも保険の見直しとなれば今の自動車保険と他社との比較がどうしても避けて通れなくなります。

今回はまず、10年連続で通販型のナンバーワンを獲得している人気の自動車保険、ソニー損保をとりあげてみましょう。

ソニー損保の自動車保険は、通販型、つまりダイレクト型の保険となっており、多くの方に選ばれています。

ソニー損保の人気の理由は、やはり走行距離に応じて保険料が決められるというシステムになっていることでしょう。

「保険料は走る分だけ」というテレビコマーシャルは大抵の人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

「でも、走行距離なんて、事前に分からないのでは?」と思われる方も多いと思いますが、ある程度の走行距離の予想を立てて加入しておき、翌年になって予想よりも少なかった場合にはその分を繰り越すことができ、保険料も差額で支払うことが可能となります。

「あまり、走行距離は走らない」という方であれば、ソニー損保に切り替えることで、かなり保険料を抑えることが出来るのではないでしょうか。

補償内容だけではなく、サポート体制やロードサービスなどもしっかりと整っていますから、万が一の時にも心強いはずです。

中でも無料ロードサービスは大変充実していて、国内損保の中ではトップレベルのないようではないでしょうか。

保険料をもう少し抑えることが出来ないだろうかと考えている方や、車に乗ることが少ないという方は、一度ソニー損保で見積依頼をしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ